Offset × Digitalシン・オフセット

  • プリンティングソリューション「バリスマート」

    「VarismarT(バリスマート)」は、従来のオフセット技術とデジタル技術を融合させた新サービスです。頻繁に更新できないカタログなどの印刷物を柔軟に情報更新し、さらに都度増刷、大量在庫・破棄のリスクを回避させることで、お客様の経営をサポートします。

こんなお悩みありませんか?

  • 情報の更新(変更・訂正)が効かない

    営業機会ロス

    新商品やカタログ落ちなど最新情報が現場にない。単発の印刷物で補完するとして、印刷コスト以外の物流費、管理費、リードタイムなど配布まで目には見えないコスト負担も発生している。

    廃盤リスク

    追加生産がない場合、「在庫限り」の情報を迅速に反映できるか。廃盤製品の記載は、せっかく売った営業(店舗)、購買欲のある、もしくは問い合わせを入れたエンドユーザー両方の信頼を毀損する。

    デザインロス

    カラーバリエーションによる販促戦略、プライスチェンジによるテコ入れが反映できない。

  • 在庫スペースの確保

    不使用時の無駄

    年間を通して製造する印刷物は、保管するスペースが必要。事務所ではスペース不足、導線の悪化、見栄えの悪さを招く恐れがある。倉庫の場合、紙に最適な湿度、温度調整をとっているとは限らないし、火災延焼被害の原因となることがある。

  • 不使用時の廃棄リスク

    1冊あたりの実質のコスト増

    オフセット印刷時のボリュームディスカウントにより予備も含めて多めに製作しても、使われなかった印刷物を廃棄しなければならない。結局、1冊あたりのコストも上がってしまう。

  • 不足時の増刷とコスト責任

    1冊あたりの割高感

    足りなかった分を補填するため少量発注すると、1冊あたりの単価は跳ね上がる。同じ製品を高単価で購入する責任を、発注側の予測ミスや想定不足という形で100%負担しなければならない。

  • 大量生産・一括発注

    巨額の決済になる

    カタログのように年間を通して使用する印刷物は、おおよそ発注と製造時期が決まっている。当然、印刷物以外のコストもあり、通常の支払条件(一括納品、一括請求)の場合、キャッシュフローを圧迫する恐れがある。

さらに実務担当者にはこんな課題も…

  • ヒューマンエラーを避けられない!

    「原稿準備や校正時ミス、確認漏れ、勘違い、誤植、誤変換…など、集中してチェックしているが、完全にヌケ・モレを0にすることは難しい」

    「ページ数の多いもの、掲載商品とプライジングが多いものは、完成品を見返すのが恐ろしい時がある」

  • いつ発注すればいいの?

    「A支店からカタログを至急送ってと言われたが、その分を小口で印刷すると高くつく」

    「その後、B支店に大量の在庫があることが判明。増刷する必要はなかったが、至急の対応を求められていた」

    「全国の支店を統括しているが、いつ、どこでリクエストが来るかわからず、即対応すべきか、待つように指示すべきかもわからない」

  • どれぐらい発注すればいいの?

    「各店舗に何冊在庫があるか、リアルタイムで情報を正確につかめない」

    「そもそも、全国の在庫を常に把握することが面倒で、不可能な時が多い」

    「冊数によって単価が変わるので、たびたび見積もりや稟議対応をしなければならないし、そもそも印刷会社から即日見積もりが出てこない」

  • 諦める、失う、改善意識

    「新商品の掲載や、仕様変更など内容に改善の要望があっても、もったいないのでそのまま使用している」

    「発注窓口として制作中は関わるが、完成後、誰も何も言わないので、もう見なくて良いと思ってしまう」

    「コスト意識が高く、ミスや変更したほうが良い点に気づいてはいるが、よほどのことがない限り、「もったいない」で使い続けてしまう」

バリスマートがすべて解決!

博多印刷のバリスマートは、印刷物の機能に付加価値をつけ、
さらに経営面をサポートすることにより、利益を最大化にします。

  • 情報

    万一のミスを訂正せずに使い続けるとしても、バリスマートを想定していれば、訂正版の発行リードタイムを短縮できる!

    最新商品、ラインナップ変更、廃盤告知、プライスチェンジを反映させて説明ツールとしての機能を強化できる!

    シーズン・バリエーション、カラー・バリエーションなどデザイン性を重視し、販促ツールとしての機能を強化できる!

  • コスト

    年間の総発注数量を決めておくことで、改版しつつ、オフセット印刷のボリュームディスカウントのメリットを活かせる!

    分割印刷なので、不使用時の在庫スペースを軽減。光・湿気による用紙劣化リスク・火災リスクも最低限まで減らせる!

    1回の発注ロットを小口・分割しても、製品単価に変わりはないため、発注数で予算をいちいち気にする必要がない!

  • 発展性

    いずれは毎月発行、毎月更新、100冊単位の発注に対応することで、地域版(ローカライズ)などデザイン幅が広がる!

    発注最低数を落としていき、本当に必要な冊数のデータを収集。データを情報化して、最適な年間冊数を見える化できる!

    売るため、売れるためのアイディアをすぐに反映することで、現場のモチベーションUPを会社が応援できる!

どれくらいお得になる?
活用シミュレーション

A4サイズ20頁(両面4+4)、中綴じ製本をトータル50,000冊を印刷する場合の価格を比較。

年間総額  
更新  
訂正  
在庫スペース  
廃棄リスク  
増刷時の
コスト責任
 
ボリューム
ディスカウント
 
その他  
バリスマート
年間総額 1,600,000円(@32円)
更新 あり
(最低冊数、最速期間)
訂正 あり
(最低冊数、最速期間)
在庫スペース 最低限
廃棄リスク かなり低い
増刷時のコスト責任 最小限
ボリュームディスカウント 強い
その他 製品単価変更は一律
都度製作・都度請求は最適/分割
一括製作
年間総額 1,500,000円(@30円)
更新 不可
訂正 不可
在庫スペース 大量に必要
廃棄リスク 高い
増刷時のコスト責任 割高
ボリュームディスカウント 最大
その他 製作費は一括決済
年5回製作
年間総額 2,100,000円(@42円)
更新 あり
(10,000冊終了後)
訂正 あり
(10,000冊終了後)
在庫スペース 発注ロット分
廃棄リスク やや低い
増刷時のコスト責任 多少
ボリュームディスカウント 弱い
その他 都度見積・製品単価変更は煩雑

「バリスマート」活用事例

Episode1「心と身体にやさしい音楽」をお届けする

「心と身体にやさしい音楽」をお届けする

総合カタログを制作する際、
大切にしていることは何でしょうか?

手に取っていただいた方、目を通していただいた方の満足度を第一に考えています。そのための「記載情報の正確さ」や「全体の構成・色味」などに試行錯誤して制作しています。

Episode2従来は、通年利用で年に一度の大量製作

従来は、通年利用を前提に年に一度大量製作

「バリスマート」利用によって、
従来から変わった点を教えてください。

情報発信のスピードが圧倒的に変わりました。 コストの問題で以前まで年1回の発行でしたが、「バリスマート」によって年3回も新情報を発信でき、さらにコストダウンもできました。

Episode3改版しつつ、従来からコスト削減に成功

改版しつつ、従来からコスト削減に成功

バリスマート利用により、在庫や製造コスト、お支払いで
メリットを感じられたでしょうか。

特に、コスト面で大きなメリットを感じています。

Episode4コピーも細かく改稿し販促効果を高める

コピーも細かく改稿し販促効果を高める

社内・社外問わず、情報更新(改版)に対する
感想はどうでしょうか。

部数の回転数が良いので、お客様には満足していただけていると思います。社内でも新商品の情報を発信しやすくなったので、「営業しやすくなった」と好評です。

Episode5いつも、あなたのこころに寄り添う音楽

いつも、あなたのこころに寄り添う音楽.jpg

今後「バリスマート」を利用し、
やってみたいことがあれば何でもお聞かせください。

カタログを数種類制作した展開案も挙がっていますので、企画が固まれば挑戦してみたいです。

バリスマートご採用企業

株式会社デラ

株式会社デラ

音・音楽・映像による人々の健康並びに快適生活空間を
プロデュースするリーディングカンパニー

住所 106-0032 東京都港区六本木3-16-33青葉六本木ビル7F
URL https://www.della.co.jp/company/company_info.html

博多印刷だからできる技術的アプローチ

「そんな都合が良いこと、あったらいいのにね…」を実現するために、博多印刷ではお客様の声と誠実に向き合ってきました。
そして、「現場総合力」と「デジタルワークフロー」を駆使して生まれたのが、バリスマートなのです。

現場総合力

デジタルワークフロー

バリスマートを可能にする
技術的アプローチ

  • contact

    ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

  • 092-281-0041【お電話での受付時間】平日09:00~17:30
  • お問い合わせ